センター紹

創造工学センターの組織

 創造工学センターは、次の5つの部門で構成されています。
1)技術支援部門
 技術支援部門は、学科等からの技術支援の要請に応じて技術支援業務を行います。また、技術支援部門の組織は、工学部長を部門長とし、工学部の技術職員が所属しています。機械システム工学班、電子工作システム工学班、物質生命工学班の3班で構成され、教育、研究、社会支援に関する技術支援業務を実施しています。
2)工作センター部門
 工作センター部門は、工学部の共同利用施設として設置された工作センターの業務・活動を承継して設置されました。本部門は、ものづくりの面で工学部の研究・教育の重要な部分を担っており、また、工学部だけではなく、全学に向けてその利用が開かれています。
3)先端プロジェクト部門Ⅰ
 先端プロジェクト部門Ⅰは、工学系教員が併任として所属し、外部資金を主な財源として一定期間集中して研究を行う部門として設置されています。
4)先端プロジェクト部門Ⅱ
 先端プロジェクト部門Ⅱは、企業からの技術者・研究者が特任等の適切な職位で大学教員として有機で所属し、工学系教職員と共同研究・産学連携を行う部門として設置されています。
5)創造工学・MOT教育部門
 創造工学・MOT教育部門は、工学部の創成科目のコーディネーション、ロボコン、学生フォーミュラなどの学生の支援、MOT教育の実施を行う部門として設置されています。