FACULTY

トップページ   学部紹介   概要   メッセージ

メッセージ

2021年4月 工学部と環境理工学部が統合。中四国最大規模の学部へ!

2021年度から、工学部と環境理工学部を統合し、『未来を創る人材』の養成に邁進します。

 新工学部では、学科を“工学科”の1学科とし、その下に4つの系および10コースを設置します。1学科により、従来の学科の枠にとらわれない分野横断的な学びを可能とします。新たな工学部は、Society5.0の実現を通してSDGsへ貢献する「Society5.0 for SDGs」の実践的教育を特色とし、数理データサイエンス科目、SDGs関連科目、コミュニケーション論、工学部海外短期研修、倫理教育科目などを新たに開講します。既存の2学部の特長を生かして新たな教育課程を構築します。

 人工知能、ビッグデータ、IoT教育を強化した数理データサイエンスのプロフェッショナルを養成するコースや、これまで本学になかった建築士養成の教育プログラムなどを設けます。学生数が1学年、610人程度になるなど、中四国地方最大規模の工学系学部となります。4つの系について簡単に紹介します。

 

  • 機械システム系

    Mechanical and Systems Engineering Program

     機械システム系(160人程度)は、機械工学コースとロボティクス・知能システムコースの2コースです。機械工学コースでは、モノ創りのための基礎的能力を身につけつつ、技術者に不可欠な創造力を育成します。ロボティクス・知能システムコースでは、機械と人との調和について考え、システムを総合的に設計・運用・制御・管理する能力を基礎から養います。

  • 環境・社会基盤系

    Architecture, Civil Engineering and Environmental Management Program

     環境・社会基盤系(90人程度)は、都市環境創成コースと環境マネジメントコースの2コースです。都市環境創成コースでは、社会基盤の設計と保全、社会の仕組みや制度および都市空間や建築物の計画と設計について学びます。環境マネジメントコースでは、人間活動と環境が調和した都市・地域空間のあり方や水・地域資源の持続的な管理について体系的に学びます。

  • 情報・電気・数理データサイエンス系

    Information Technology, Electrical Engineering, and Mathematical and Data Sciences Program

     情報・電気・数理データサイエンス系(190人程度)は、情報工学コース、ネットワーク工学コース、エネルギー・エレクトロニクスコース、数理データサイエンスコースの4コースです。情報工学コースでは、計算機工学および知能ソフトウェアについて学び、高度情報化社会の第一線で活躍できる技術と発想力を身につけます。ネットワーク工学コースでは、安全かつ安心な現代社会の基盤を担う情報通信ネットワーク技術を基礎から学びます。エネルギー・エレクトロニクスコースでは、環境と調和した電気エネルギーの発生、変換、制御技術、および電子工学全般の基礎と応用を学びます。数理データサイエンスコースでは、現象の解明や社会課題の解決に主体的に取り組むため、数理科学を基盤とするデータサイエンスの知識・技能を学びます。

  • 化学・生命系

    Applied Chemistry and Biotechnology Program

     化学・生命系(170人程度)は、応用化学コース、生命工学コースの2コースです。応用化学コースでは、革新的な新素材・新材料の創成や、画期的な生産プロセスを開発するための知識や技術を学びます。生命工学コースでは、バイオテクノロジーを活用し、医学から農学まで多彩な分野の境界領域での活躍を目指します。

概要の関連ページ